staff
Staff
小安(シャオヤン)
監督魏徳聖(ウェイ・ダーション)
 1968年生まれ。台湾の巨匠、故・エドワード・ヤン(楊德昌)監督のもとで下働きからスタートし『カップルズ』(96)の助監督を務める。短編『七月天(原題)』(99)では台湾映画界に衝撃を与え、エドワード・ヤン監督の後継と称される。02年、チェン・グォフー(陳國富)監督作『ダブル・ビジョン』の企画を担当。2008年に監督デビューした『海角七号 君想う、国境の南』は台湾映画史上記録的な興行収入を上げ、社会現象も巻き起こし、国産映画隆盛の火付け役となる。「第45回台湾金馬奨」で最優秀助演男優、最優秀音樂、最優秀主題歌、年度台灣傑出映画、年度台灣傑出映画人、観客賞の6部門を獲得。2011年に霧社事件を題材とする『セデック・バレ』を制作、第48回金馬獎で作品賞に輝き、観客賞、徐詣帆(Bokeh Kosang)の最優秀助演男優賞、最優秀音響効果賞、最優秀オリジナル音楽賞の最多受賞。2014年に原案・脚本の『KANO~1931海の向こうの甲子園』ではプロデューサーにまわり、指名した新人監督マー・ジーシアン(馬志翔)をサポート、日台の歴史と野球感動物語は歴代興行成績6位となり、第51回金馬獎でアウト・オブ・コンペの観客賞と国際批評家連盟賞を受賞した。
音楽李正帆(リー・ジェンファン)
 1965年生まれ。音楽プロデューサー、作曲家、編曲者、歌手。18才から作曲・編曲で音楽活動を始め、数々のヒット曲を送り出す。台湾ポッブスの祖であるジョナサン・リー(李宗盛)らと共にロックレコードの全盛時代を担った。特にアレンジャーとしての才能が評価され"編曲の天才"と称された。ジェニファー・ジョン・リー(李王若涵)は三人目の妻。本作では音楽総監としてプロデュースと作曲、編曲を担当。
音楽李王若涵(ジェニファー・ジョン・リー)
 1969年生まれ。音楽家、メイクアップアーチスト、料理家。アメリカで音楽理論と作曲、ピアノを学び、18才でメイクアップを習得、26才で広報のプロとなり、32才で音楽劇を書くなど多才ぶりを発揮。スキンヘッドがトレードマーク。低迷期にうつ病になったリー・ジェンファン(李正帆)を支えて復活させ2006年に結婚、2013年には二人のアルバム「無界」をリリースした。本作では作曲とメインキャストの歌唱指導を担当した。
作詞嚴云農(イエン・ユンノン)
 1975年生まれ。作詞家、小説家。2000年から作詞家として頭角を表し、2008年『海角七号 君想う、国境の南』の主題歌「国境の南」で金馬奨オリジナル楽曲賞を受賞。小説家としては、『セデック・バレ』のノベライズほか短編小説集「想你的離人節」、長編小説「愛無能,幸福不能」などを発表。本作では全17曲の作詞をしている。